前へ
次へ

改めて考える労働相談

同じ職場であれば、同僚との待遇が異なることに戸惑うこともあるようで、労働相談としても度々寄せられるようです。
例えば、休憩時間も一般企業では一斉に与えられますが、業種によっては労働者ごとに異なる休憩時間を定めることがあるようです。
同じ社員なのに、休憩時間の待遇が異なることはどうなのかといえば、実際には労働契約の内容の大部分は、就業規則によって決まっていますから、待遇の違いは認められないはずです。
法律上では、労働契約に勝るのが就業規則ですから、特別合意があれば認められてしまいます。
個々の労働契約が有利となれば話しは変わり、労働者に有利な労働契約が優先されてしまいます。
理不尽なことも多少なり目を瞑ることも必要かもしれませんが、職場全体で存在する規則ですから、軽く扱われるのも不公平ですし、それがよい状態とは言い難いでしょう。
労働相談でのアドバイスも、相談相手次第で千差万別です。
例えば、会社に対して、他の社員にも同様の措置をとるように要求してみることをアドバイスしてくれます。
他にも、労働契約の締結で、就業規則で定めた労働条件に合わせることを求めてみるなど、様々なアドバイスを求めることができます。
労働者にとって不公平だと感じることもあるはずです。
しかし、声を発しなければ会社の幹部の耳には届かないのが本音です。
もちろん、こうした会社ばかりではなく、定期的に社員との交流をする会社もあります。
しかし、平等になるように交渉や要求をすることは必要です。
それらを拒む会社ならば、転職を考えてみることも一法かもしれません。
始末書を書かせられることもあるでしょうが、同じ社員なのに、考え方や思想などを強要されることもあるかもしれません。
内心に対する干渉という側面も否めないでしょうが、業務命令に違反するものですから、始末書を書かされるのは当然の義務です。
どのような会社に勤めるのか、会社の方針を改めて考えるきっかけになりそうです。

美男美女が集まる東京の交際クラブ
日常ではなかなか出会うことのない素敵な方々が登録しています

Page Top